メイン画像

ペナン(マレーシア)の基礎知識

ペナン島はマレーシアのマレー半島の西方、マラッカ海峡に位置する島で、対岸のマレー半島部分バタワースと合わせてマレーシア・ペナン州を構成しています。マレーシア随一のリゾート地で、「東洋の真珠 (The Pearl of The Orient)」とも呼ばれています。2008年に世界遺産に登録された市街地のジョージタウンと、島の北部のパトゥ・フェリンギ、テロック・バハンなどの高級リゾートホテルが立ち並ぶビーチという二つの観光地の側面を持っています。

観光地なのでペナン国際空港がありますが、日本からの直行便がないため、クアラルンプールやシンガポール、バンコク、香港など周辺国の空港で乗り継いで行かなければなりません。ちなみに、日本からマレーシアの首都クアラルンプールへの直行便でも6時間半から7時間かかります。時差は1時間しかなく、日本時間から1時間引くとマレーシアの時間になります。サマータイムはありません。

ペナン、ランカウイなどマレー半島西海岸の気候は熱帯雨林気候で、年平均の気温が28℃~29℃と1年中常夏です。季節は雨期と乾期に分かれますが、どちらの季節でもスコールと言われるにわか雨が降ります。特に雨季にあたる6月~9月は熱帯モンスーンの影響を受け雨が多いですが、1日中雨が降り続けるということはありません。なので、10月~5月の乾期に旅行に行くのをおすすめします。

公用語はマレーシア語ですが、マレーシアは多民族国家の為、中国系住民社会では中国語、インド系住民社会ではタミール語が使用されています。また、各民族間で会話をする際は広く英語が使用されているので、ホテルやレストラン、ショッピングモールなどでは英語が話せれば困ることはありません。しかし、せっかく現地を訪れたのであれば、一言でもいいので現地の言葉を話してみると良いでしょう。そうすることでコミュニケーションがとりやすくなるでしょう。

水道水はそのままでは飲み水として利用できませんが、沸騰させれば、飲み水として飲むことが可能です。屋台やレストランで出される水や氷も基本的には沸騰した水を使用しているので特に問題はありませんが、衛生管理の悪い屋台やレストラン、胃腸の弱い方はミネラルウォーターを携帯するといいでしょう。

ちょっとした雑学ですが、マレーシア第二の都市にジョホールバルがあります。サッカーが好きな人ならば聞いたことがあるでしょう。ジョホールバルはサッカー日本代表が1998年に開催されたFIFAワールドカップ・フランス大会のアジア地区最終予選を戦った場所で、FIFAワールドカップ本戦初出場を決めた場所でもあります。これにより「ジョホールバルの歓喜」と呼ばれるようになり、日本人に知られる都市となりました。

ちょっと、話がそれてしまいましたが、マレーシアは日本とも関係が深い国です。是非行ってみて世界遺産やリゾート地を楽しんで来てください。

Page Topへ